2014年04月

基礎レッスン * バターロール & パン教室のプレゼント

2014 04 23_1162
2014 04 23_1164

先日のパン教室で、バターロールを作りました。
バターロール、成形は初めに横に引っ張るときの引っ張り具合で形が変わってきます。
少し長めのバターロールですが、おいしく焼けました。
いくつか、ダイスチーズを入れてみました。
ダイスチーズを入れると、ちょっとまきづらくなりますが、スライスチーズやハムだと、一緒に巻きやすいです。

そして、今日の試食はメロンパン。
2014 04 22_1168
実は、オーブンのスタートボタンを押し遅れ、少しクッキー生地が不格好になりましたが、おいしく焼けました。
我が家では、メロンパン、大人気です!
どうしても、クッキー生地も作る分、手間がかかり、大変なのですが、最近では、おいしいクッキー生地のミックスもあるので、手軽に作るには、こういうものを利用するのもいいと思います。

メロンパンクラストミックス500g (クオカ)

ライン

パン教室に参加される方、参加を検討していらっしゃる方にお知らせです。
新システムになったことだし・・・・
ちょっとしたプレゼント企画です。

基礎レッスン4回まとめてお申込みされた方に、キャンパス地をプレゼントいたします。
キャンパス地は、アーモンドクラウンのときには使わないのですが、チーズパン以降、自宅で作られるときは、あったほうがよいアイテムです。
オーブンの天板サイズのものなので、ご自宅でパンを作るときに使ってください。

また、5月に教室に参加される方で、希望者先着2名様にアーモンドクラウンで使う、エンゼル型をプレゼントします。
教室で使ったいたものなのですが、アルミ製のものです。
型離れはあまり良くないので、教室用に、新しくテフロン加工のものを買いました。
すでに作られた方は分かると思うのですが、しっかりバターを塗って、竹串でうまいことはがせばきれいに型から出すこともできます。
冷やす系のお菓子作りにも重宝すると思いますよ~。
保管しておこうかと思っていたのですが、断捨離好きの私としては、あまり数多く持ちたくないので、使っていただける方にプレゼントしたいと思います。
すでに、5月のご予約もいただいていますが、この記事を見て、ほしい!と思った方は、ご予約済みの方はメールにてご連絡ください。
また、まだの方は、5月のレッスンご予約時に、お申し出ください。
数が少ないので、先着順にプレゼントさせていただきますので、ご了承ください。
欲しい方は、お早めにご連絡くださいね☆
スポンサーサイト

5月のパン教室 * イースト

5月からのパン教室のお知らせです。

5月から、すこしパン教室の受講システムを変更します。
詳細は、HPのほうにUPしてありますので、ご確認ください。


まずは、5月のイーストのレッスンのご案内です。

イーストのレッスンは、基礎レッスンと、イーストレッスンの2コースになります。
ご自宅に帰って復習をしたいという方用に、材料を1回分単位で小分けでお譲り可能になりました。
ご希望の方は、レッスンお申し込み時に合わせてお申込みください。

レッスンのご予約は、希望の日にちをメッセージ欄にいくつか記載してください。
こちらで調整し、折り返しご連絡いたします。


icon_94_8.gif 基礎レッスン

パン作り初心者の方は、まずは基礎レッスンに参加していただき、パン作りの手順や基本的な動作について練習してみてください。
基礎レッスンをすべて受講される方には、割引もあります。
自宅でパンを作れるようになりたい。という方は、ぜひまとめてお申込みになり、ご参加ください。


icon_94_6.gif イーストレッスン

月替わりのメニューになります。

5月は、レーズンバンズと抹茶クーヘンです。

8.jpg
レーズンバンズは、上にザラメの乗った、甘いパンです。
お好みで、レーズンとチョコを半々にしてもおいしいので、レーズン&チョコに変更を希望の場合は、お申し込み時にお申し出ください。
生地は、甘めのフルーツと相性のよい配合の生地になっています。
ご自宅で作られるときは、甘い具材をアレンジに使うとよいと思います。

9.jpg
抹茶クーヘンです。
生地に抹茶を入れています。
色がつくと、捏ねているときの生地のムラが目に見えるので、このくらいで、どの程度均一に混ぜられているか、目で確認ができるので、初心者の方も、一度やってみることをお勧めします。
抹茶が苦手な方は、入れずに作ることも可能です。
抹茶抜きで作りたい方は、お申し込み時にお申し出ください。
具材には、甘納豆を使っています。
甘納豆は、焼く前と焼いた後で、風貌が変わります。
甘さが程よくおいしいパンです。
ケーキの型に入れて焼き上げるパンになっています。



そして、6月から天然酵母のレッスンを始めます。
イーストに比べると、天然酵母歴は短い私ですが、天然酵母のレッスンを希望される方や、問い合わせをいただいています。
天然酵母初心者、初チャレンジの方用のレッスンになります。
やってみたいけど、なかなか一人では・・・
という方は、ぜひご参加ください。
お問い合わせはいつでも受け付けています。
興味のある方は、メールにてご連絡ください。

イースト*パン・オ・レ

2014-04-15_1056.jpg


久々に、イーストでパンを焼きました。
パン・オ・レです。
ミルクをたっぷり使った、甘めだけど、シンプルなパンです。
イーストは、天然酵母より、ふわっふわしたパンになります。
天然酵母になれると、イーストのパン作りは、ばたばたとあわただしいかんじがします。
ただ、作り始めて焼きあがるまではやいので、すぐ食べれるのはいいかな。

酒粕酵母*シナモンロール、ストロベリーローズ

2014 04 17_1043
2014 04 17_1044


酒粕酵母で、シナモンロールとストロベリーローズを作りました。
ちょうど、実家から送られてきた手作りジャムが届いたので。
シナモンロール、今回は塗り卵をしてから焼きました。
こんがりつやっぽくなるので、塗り卵をしたほうがおいしそう。
どちらも家族には好評でした☆

酒粕酵母*あんぱん、レザンベール





酒粕酵母を使って、丸パン、あんぱん、レザンベールを作りました。
酒粕酵母は、発酵力もしっかりしているし、捏ね心地もよく、とても作りやすいです。
シンプルな生地のあんぱん、かなり好評で二日連続作りました。
たくさん作っているのですが、すぐになくなってしまいます。
塗り卵をせず、電機オーブンで2段や気をしているので、焼きムラは気になるところですが・・・・
底もしっかり焼けて、おいしくできました。
レザンベールはわたしの大好物のパンです。
浅いタイプの型しかないので、ちょっと丸パンと同じような形をしていますが、型に入れて焼いています。
少し、温めて、チーズをとろーっとさせて食べるのがおいしいです。

次は、檸檬酵母のパンに挑戦予定☆

ライン

パン教室ですが、5月から、少しレッスンスタイルを変える予定です。
基礎レッスンで、基本的なパン作りに慣れていただき、イーストレッスンでは、毎月メニューを2つ決めて、ご希望のものに参加していただきます。2回で、両方に参加されてもよいです。
少しづつですが、天然酵母のレッスンも開催していきます。
イーストのパン作りに比べると、天然酵母の経験はまだまだ私も浅いのですが、やはり、天然酵母に興味を持たれている方が多いので、開催することにしました。
興味のある方、この機会にチャレンジを!
せっかくなので、ささやかですが、プレゼント企画も準備しています。
お楽しみに~~☆

檸檬酵母


実家から、無農薬のレモンが送られてきたので、檸檬酵母にしてみることにしました。
とりあえず、砂糖なしで、しっかりできるかどうか。
皮を薄くむいて、小さめの檸檬2個入れています。
どんな感じにできるか楽しみ。
いまのところ、檸檬の香りがすごくしていてきもちよい~。

いちご酵母*丸パン


いちご酵母で丸パンを焼きました。
あまり焼き色つかないように、しろっぽく。
ちょっと配合ミス?!で水分が多すぎました。
捏ねるときに、少々苦戦しましたが、おいしく焼けました。
酵母のイチゴを練り込んで、パンからすっごくイチゴの香りがします。
今回は、バターも少し入っています。
娘は、この丸パン、気に入ったようです。
息子は、おいしいけど、カンパーニュのほうが好きかな~と。
ちょっと、水分調整してまた焼きたいと思います☆
今度は、丸パンづくし?!

酒粕酵母*カンパーニュ


今までになく、いい感じにクープがひらき、いい感じに焼けました。
私は、朝仕込み、夜焼きあげてから寝るので、焼きあがったころに旦那が帰ってくるのですが、
帰ってきた旦那に、”今日は、すごいのよ!早く見てよ!”と言ったら、”何々?パン?(苦笑)”
旦那には、今までのクープで十分と言われましたが、私は今回のでやっと満足です。
家族も、今まででいちばんおいしいと~~。
やっぱ、いい感じに焼けると、味も食感もよくなりますね~。
中はもっちもちのカンパーニュです。
最近、私が味についての感想を聞くので、息子は、まずは何もつけずに食べ、そのあと、ジャムやはちみつをつけるようになりました。。。

クープは、1本目のほうが2本目よりも開きます。
そして、1回に2個焼くのですが、オーブンの側面のほうがよくクープが開きます。
本当は、入れ替えたりすればよいのですが、その間に庫内の温度が下がってしまうので、見た目より味重視ってことで、そこは目をつぶることにしました。
でも、クープがきれいに入っていれば、そこまで目立ったムラはない気がします。
クープも、やはり、5mmくらいの深さで入れるのがベスト。
深すぎても浅すぎても、形がいまいちになってしまいます。
私は、オーブンの庫内に対して、横を一本入れてから、縦を入れるようにしています。
あとは、やっぱり、ポイントは、熱くなった鉄板の上でクープを開かせる。
これをやり始めて、底割れは全くしなくなりました。
今は、ちょっとやりづらい環境にあるので、銅板がほしい~~。。。
銅板があれば、もっとおいしく焼けそうな・・・
増税前に買っておくべきだった?!
増税前買い物で、買う余裕ないか・・・


さてさて、これで、なんとなく、カンパーニュが落ち着きました。
次はこれをこうしたらどうだろう?!と課題が山積みな間はなかなか次に進めません。
次にカンパーニュを焼くときは、中にいろいろ入れてみたいと思います。

酒粕酵母は、コネやすいし、よく膨らむし、味もおいしいです。
もっちもちしたパンになります。
お気に入りの酵母の一つになりそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。