酒粕酵母*カンパーニュ


酒粕酵母でカンパーニュを作ってみました。
酵母液を作るときに、砂糖を入れるか入れないか迷ったので、入れた酵母を入れない酵母を作ってみました。
酵母液を作っている最中は、砂糖を入れているほうが、シュワシュワするのが早く、強かったような気がします。
どこまで影響があるのかな?!と思いながら、今日は、砂糖なしのほうで作ってみました。

酒粕酵母は、初めてだったのですが、捏ねている最中から、すごく捏ねやすく、いい感じの感触でした。
発酵も、パワーがあり、スムーズにしっかり膨らみました。
私の中では、りんご(砂糖大さじ1入り)は弱いと思うのですが、酒粕とレーズンは同じくらいかな。
むしろ、酒粕のほうがよく膨らんだ?!

そして、今まで、クープは開くけど、バリバリに開かなかったり、底割れしたりしていたのですが、原因をいろいろ考えてみました。
毎度、少しづつ変えて実験しているのですが、温度、時間はそのままで、天板を一枚入れて、スチームオーブンで予熱を入れました。ここまでは前回と一緒。
今までは、そこに、もう一枚の天板に乗せたパンを入れていました。
今回は、天板を一枚入れて余熱を入れ、プラスチックのランチョンマットの上にクッキングシートを敷いて、その上にバヌトンから出してクープを入れました。
オーブンに入れるときは、ランチョンマットから、滑らせるように、クッキングシートとパンを入れました。

その結果・・・
最初に7分、クープが開くのを待つ時、今までより、しっかり開きました。
その後、ばりばりと開く!
が、開き具合にムラが。。。。
一本目に入れたクープのほうがよく開く?!
オーブンの再度寄りのほうがよく開く?!
今度は、クープを入れる順番とか、向きを気にしながらいれてみたいと思います。

ちょっと、実験の成果がでてうれしい。
ちょっとした違いでこんなに違うとは~。
そして、目指していたところに近付いてきました。
ネットサーフィンをしていると、結構底割れしている人を見かけます。
早くきれいに焼けるようになりたいな!
というわけで、カンパーニュ作りはまだまだ続きます。

酒粕酵母のパンのお味は、今日、これから朝食で。。。